戻る

トップページ

包茎治療

通常陰茎部を包む包皮が亀頭にかぶってしまっている状態を『包茎』と言います。ABCクリニックでは、痛みの少ない自然な仕上がりを独自の治療方法で実現いたします。

包茎とは

大人になっても、通常陰茎部を包む包皮が亀頭にかぶってしまっている状態を『包茎』と言います。ひとくちに「包茎」と言っても3種類に分類され、症状もそれぞれ異なります。

まずは以下の内容をご覧になり、ご自身のペニスがどのような状態であるのか正確に認識することから始めてください。

※包茎の詳しい状態については、自分で判断をするのではなく、クリニックでの診察をお勧め致します。

包茎の種類は、以下の
真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎
3種類に分けられます。

真性包茎

包皮口が非常に狭い、あるいは陰茎の包皮が亀頭に常に被さっていたり、亀頭と包皮が癒着を起こしているなどの理由から、平常時でも手でめくることができなと言う状態です。亀頭が包皮に常に覆われている為、亀頭の成長が阻害され、いわゆる先細りのペニスになりがちです。

-マイナスポイント

亀頭が常に包皮に覆われているため、恥垢が溜まりやすくなります。性器が悪臭を放ちやすくなったり、早漏や性病に成り易いので、早期の手術が望ましいです。

仮性包茎

もっとも多い包茎の種類です。平常時は包皮が亀頭を覆っています。手でめくると亀頭を簡単に露出することができます。勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近い軽度の仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まで色々あります。

-マイナスポイント

普段、皮が被っているため、雑菌も繁殖しやすく不衛生になりがちな上、陰毛が包皮に絡まりやすく、傷をつけるので包皮や亀頭周囲に炎症などを起こす可能性があります。

カントン包茎

平常時には亀頭をどうにか露出させることができますが、包皮を長時間無理に捲った結果、痛くて元に戻せない場合があります。

-マイナスポイント

包皮口が狭いために、性行為を行うと狭い包皮の部分が裂けてしまったりする場合があります。その傷口から、菌が入り、大きく腫れ上がることもあります。締め付けられていることが原因で腫れ上がることもあります。

安心・安全な治療を 治療内容一覧

治療費一覧

新たな人生の第一歩お問い合わせ・ご予約